カテゴリー「 コラム」の3件の記事

2014年12月 5日 (金)

車検のついでに所有権解除と希望ナンバー

1dscn0002

僕がロードスターを買うときに利用したローンは、いわゆる信販系のカーローン。これは、支払いが全部終わるまでクルマの所有権を販売店に保留するタイプの借り入れで、所有権を問わない銀行系のものと比べると、手軽なぶん不利なシバリでもありました。

それがこの春苦節60回?ついに完済~!イヤッホォォォイ!(*゚∀゚)=3ハァハァ ・・・ということで、いそいそと所有権解除の手続きを進めつつ、どうせ名義を替えに陸運局まで行くのなら、ついでに希望ナンバーも取ったろかな?と思い立ち、あわせて先日実行してきたという次第。

流れは以下のようなかんじでした。

1.まず、買ったお店に連絡

僕 「ローンが済んだので所有権を解除してください」
店 「お買いあげいただいた年月日とか車検証の内容とか判ります?」
僕 「○○年□□月頃で、車検証はこんなかんじです(FAX」
店 「確認できました。後日〒でご案内します」・・・とな。

2.自分の印鑑証明と車検証のコピーをお店に郵送

数日後、お店から返送用の封筒が到着した。これに車検証のコピーと僕の印鑑証明を入れて送り返す。これらは所有権譲渡に際しての確認用というか、名義変更でトラブルになった際のお店側の備えと思われる。

3.お店から譲渡証、印鑑証明、委任状が届く

数日後、お店から上記の書類が届いた。先方の印鑑証明はあと一ヶ月しか使えない(3か月以内有効)ものだったが、車検満了日との兼ね合いを確認したら、なんとかなる模様。

4.希望ナンバーをネットから申請&入金し、出来上がりを待つ

あわせて、希望ナンバーの申請(一般社団法人 全国自動車標板協議会:希望番号申込サービス[www.kibou-number.jp])をウェブで行う。示された手順どおりにやれば申請そのものは難しくない。どの数字にするか決めるほうが悩ましかった。

普通車用・ペイント標板・中型2枚で¥4200。交付手数料を銀行から振り込むと、その日のうちに入金確認とナンバー交付期間の旨がメールにて着信。1週間後にはもうナンバーが出来上がっているらしい。はやっ。窓口で必要なバーコードを忘れずにプリントし、申請に備える。

5.陸運局へ行って、まずは代書屋さんへ

12月吉日。仕事を昼で切り上げて陸運局へ向かう。持って行ったものは…

  • お店から預かった譲渡証、印鑑証明、委任状
  • 自分の実印、印鑑証明、車検証
  • 希望ナンバーの予約済証発行用バーコードの写し
  • 代書屋の行政書士のお姉さんへの謝礼
    (このときは¥2000+印紙¥500でした)
  • ナンバー脱着のための+-ドライバーなど

地元の陸運局には何度か来てるので道には迷わず到着したが、何度来ても書類の書き方が覚えられないので、なにはともあれ代書屋さんに向かう。

6.ナンバーを外して返納する

持参した書類一式を行政書士のお姉さんに渡し、代書してもらってるあいだにクルマへ戻ってナンバーを取り外す。たいてい裏に土ボコリやゴミが溜まっていて汚いので、雑巾やウエスを用意しておくのがきっといい。外したナンバーを窓口に返納して書類を受け取り、それも代書屋さんに渡してしばらく待つ。

7.登録窓口、税金、ナンバー封印

できあがった書類を持ち、どの順番でどの窓口へ行けばいいのかを念入りに教えてもらい、そのとおりに行動する。
まず登録の窓口で、車検証の所有者欄を自分に変更してもらう。次に、税金事務所で税金の申請をする。そしてナンバーの交付窓口で新しいナンバーをもらい、それをクルマに取り付ける。最後に、係員のお兄さんにナンバー封印を付けてもらってフィニッシュ。

8.保険屋さんに新しい車検証をFAX

あとは家に帰るだけだけど、念のため保険屋さんに電話して、車検証の記載事項が変更になったことを伝えておく。で、帰ってから車検証をFAX。これでできあがり。

ナンバーが変わると気分も一新!所有権も得られたし、つきあいはじめのような新鮮さがほんのちょっと蘇ります。

2015/8/28追記:ナンバーが変わるとETC機器も再セットアップする必要があります。忘れたまんまだと各種割引(ETCマイレージサービス)や利用証明書(ETC利用紹介サービス)に影響が出ます。ご注意を!

さ、あとは車検です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

9年めの車検支度をしてみた

02dsc_0187

時の過ぎるのは早いもので・・・・・・

前回の車検(2012年12月)から、アーッというまに、もう1年と11カ月が経とうとしている今日この頃。以前からお世話になっているマツダDより、今回も車検見積りのハガキがまいりました。

前回からこれまでの間に、ロードスターに架したDIYは、ラフィックスGTC(車検対応)を装着したことぐらい。それならば、いつも車検でD入庫する時にチェックされるフルバケットシート(ブリッド製車検対応+ブリッド純正レール)をそっと純正に戻しておけば、それ以上に咎められる点はない?ハズ。

13dsc_0199

あとは冒頭の画像のように、念のため純正タイヤ&ホイールを蔵から出してきて、サクッと装着。たおやかな純正スタイルを目の当りにしたら、つき合い始めの頃のようなフレッシュ感がちょっとよみがえったりします。

ちなみに・・・・・写真に写っているもう一方のセットは、最近手に入れた17インチ純正サイズ(205/45-17)の中古ネオバと手持ちのTC005の組み合わせ。

07dsc_0192

こないだまで使ってた205/50-16のRE11+FD3S純正8Jアルミとくらべて、同じかそれ以下の重さ(およそ16kg)。んで、純正アドバンと純正16インチアルミは、さらにそれより軽いのね(ヤマの減った中古なんで参考程度ですけど)。

09dsc_0194


バネ下のウエイトは、それだけでドンだけ操縦性に影響を与えるのか、少し懐疑的なところも個人的にはあるけれど、でもやっぱり車検の度に、しばらく純正16インチで走り回ってしまうのは、やっぱりそれが気持ちイイから!正直そう感じますね。はい。

さて、これで無事にあと2年イケるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

アルミホイール選びで妄想中2

・・・・・・NCロードスターを買ってこのかた、ながらく考察しているアルミホイール選びについて、なんとなく考えがまとまってきたんで追記してみた。現物のデータではなく、ネット上でのリサーチと経験上の勘ではあるけれど、そのつもりで妄想(?)を、ちょろっと。

16インチ?それとも17インチ?

ぶっちゃけ、約1100kgという車重とのバランスで、よりNCロードスターらしさに富むホイールサイズは16インチだと思う。バンプ&リバンプの動作が素直だろうし、操作に対するリアクションもわかりやすい(=走りが楽しい)はず。またタイヤハイトが高いおかげで、ツーリングや街使いでの乗り心地の良さも、それほど損なわれずに済むだろう。

タイム重視のサーキット走行でも、N1仕様くらいまでなら16インチが有利っぽい。駆動方式や前後軸重の違いはあるけど、同じような車重&パワーのシビック(EK9)やインテR(DC2)が、205~225のハイグリップ16インチをメインに使うことから、NCも16インチサイズでキャパシティ的に足りないことはないと思う。

いっぽう17インチはダメ?ってことも全然なくて、ホイールはやっぱりデカいほうが一目でカッコいいから好き。18インチから上はコスト負荷に耐えれる自信がないので割愛するけれど、実際のところ17インチのほうが物量が多くてチョイスしやすい面があるし、単価も安くなる可能性が少なからずある。うまくタイヤを使いこなすには、サスのセットやボディ剛性とのバランスを今一度考えて、サスキットやタワーバーなどを組み込んでいく必要があるかもしれないけど、それもまた楽しみのひとつでもあるし。

タイヤは1サイズアップくらい?
 

Dsc_0018

タイヤについては、できるなら外径は標準サイズ(612ミリ。ヨコハマタイヤ・アドバンネオバAD08サイズリストより)から10~20ミリほど大きいものをチョイスして、地上高を稼ぎつつ車高セットを下げ、タイヤとフェンダーとの隙間を少し詰めてみたい。

現実的なセンでは、16インチだと205/50(純正)か205/55、幅広だと225/45。17インチでは205/45(純正)に対して215/45が良さげ。ただ、過度にサイズアップするとドライブフィールはダルいと思われる。タイヤそのものの価格では、同じ銘柄の17インチに比べて16インチは2割~3割くらい安いことが多いのでお財布に優しい。

履けるホイールが少ない16インチ、選べる17インチ

ホイールサイズは、リム幅は7から7.5、もうちょっと頑張っても8くらい?オフセットはプラス40(7J)から50(8J)あたりで、適当にネガキャンつけたり引っ張りセッティングするなりで、車検的にもフェンダー的にも、安全パイな控えめツライチを狙うのが自分にとってはベターかな?と思う。

Dsc_0168

ただ、NCロードスターの場合、16インチだと選べるホイールが少ない・・・・・・というか、ホイールの中の臓物がかなりかさばるので、実際に着けてみない限り、キャリパーやアップライト下部とのクリアランスがチェックできない。

RAYS TE37やCE28、RE30やSSRタイプC、FD3SセブンやSE3Pエイト純正は、すでに装着されている方が居たので大丈夫っぽいけれど、エンケイRP-F1などは当たる場合もある様子。さらに、サイズ的にちょうどシビックEK9やインテグラDC2のストライクゾーンでもあるから、ヤフオクで競合することにもなって中古といえどもイイ値段だったりする。

その点、17インチで探してみるとあっさりチョイスの幅が広がりまくる。まずもってサス干渉等の心配が少ないし、車種全般でみても17インチサイズは物量が豊富。FD3Sセブン、SE3Pエイト、アテンザ、アルテッツア、GDBインプレッサ吊り目、インテグラDC5、JZX系やミニバン用(エスティマ、オデッセイ等)の一部がNCロードスターにも合致するケースが多く、軽量レース系やヒカリモノ系、深リム系など出品物のバリエーションにも事欠かない。

いっそのこと、タイヤホイールまとめて新品をクレカ一発!という、捨て身のイヤッホー戦法も考えられるのだが・・・・・・それは最後の手段に取っておきたい。。

そんなこんなで、アルミホイール妄想ライフは続く・・・(のか?)


| | コメント (0) | トラックバック (0)