« ママさん、とりあえず純正ビルもってきて | トップページ | NCロードスター燃費データ10 »

2008年7月14日 (月)

USBオーディオを装着してみた3

パイオニアDEH-P530を導入しておよそ1ヶ月が過ぎた。

装着後、とりあえずちゃんと鳴ったのに気を良くして
MP3を中心に、素人ながらあれこれイジってみたので、
その結果を忘備のつもりで記してみる。
クルマによって仕様が違うと思し、自分の耳の感度もまったく自信ないので
あしからずご了承くだされば、と gawksweat01

基本の設定

  • SRC LV+3
  • SOUNDRETRIEVER 2
  • BASSBOOST +1
  • LOUDNESS LOW
  • PRESET EQUALIZER NATURAL
  • 純正スピーカー仕様、追加システム&デッドニング等なし
  • 設定ビットレート 主に192kbps(CDソース)、他いろいろ(拾い物MP3)
  • フォルダ&ファイル ジャンル+アルバム+ファイルの3階層にしてみた

SRCレベルは、各アルバムソースによって差を感じたけれど
ひとまとめで上限まであげたほうが良いかんじだった。
イコライザーは、停車中はよいとしても
走行中には盛大なロードノイズで細かな違いとかよくわからないので
プリセットでもっとも自然だった設定にしてみた。
低音域の増圧も、サブウーファーなどを積んでないので控えめに。

こんな感じの適当な設定で、自分が好きなテクノやトランスはほぼ満足。
ボーカルを際立たせたいJ-POPや演歌も、バランスが決まればいけるかもしれない。
あまりに突き詰めだすと、きっと5.1chとか試したくなると思うので、自重。

アルバム間の移動は
再生中にボリュームノブを上下クリック。曲は、左右クリックでスキップ。
このあたりの操作感は、いちいち表示を見なくとも確実に操作できるので
私にとっては馴染みやすく、走行中の操作でもとまどうことはなかった。
停車中には、フォルダ(ジャンルやアルバム名)を表示させて
きっちりと聞きたい(聞かせたい?)アルバムをセレクトすることも、もちろんできる。
演奏順は、アルバム単位やフォルダ単位でランダム&リピート設定できるようだが
曲順がバラバラだとなんだかノリがしっくりこない性格なので、私は順鳴りのみだ。
ただ、ジャンル名やアルバム名をつけたフォルダは空のファイルとして認識するようで
演奏中のプレーンな表示(フォルダ名なし)は
F-03、T-001のように数字が跳んでいる。まあいいんだけれど。

あと、ネットで拾ったMP3ファイルをまとめて”拾い物アルバム”として鳴らすとき
PCでフォルダ内のファイルをいくらソートしても、ファイル名を書き換えても
そのまんまの順番では演奏してくれなかった。
これについては、あれこれ試行錯誤してみた結果
フォルダにコピーした順番(時系列)のまんまを
演奏順として(順鳴りの場合)認識するようだ。
もしかしてしごく常識的なことなのかもしれないけれど、私には世紀の発見(?)だった。

もうひとつ、ビットレートはもっと低くても大丈夫なハズ。
今のところELECOMの4GBメモリを使っているけど
この容量でビットレートを聞ける限界まで低くすれば、
かなり膨大深遠なソースを内包できるだろう。

・・・・・・そんなたくさんCD持ってないんで、いいんですけれど pig

|

« ママさん、とりあえず純正ビルもってきて | トップページ | NCロードスター燃費データ10 »

整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512089/41836463

この記事へのトラックバック一覧です: USBオーディオを装着してみた3:

« ママさん、とりあえず純正ビルもってきて | トップページ | NCロードスター燃費データ10 »