« USBオーディオを装着してみた3 | トップページ | 純正ビルシュタインを装着してみた1 »

2008年7月16日 (水)

NCロードスター燃費データ10

Downloadsun 7月中旬
満タン法にて計測
NCロードスター5MT幌16インチタイヤ
無鉛プレミアム

天候:晴れ
高速道6:一般道4 
走行距離:531.9km 
消費ガソリン量:39.6リットル 
期間:およそ10日間

平均燃費:13.4km/リットル

コメント:
先日導入した燃費マネージャーの
データ補正を兼ねて
久しぶりに遠出のドライブ。

天気のいい週末なのに
都会も田舎も高速も、なんとなくクルマが少ない。
ドライブ好きにとって昨今のガソリン高騰は
思わぬ天恵(?)なのかも。

お縛り系ドライブ?の新たな楽しみかた。リアルタイム燃費

燃費マネージャーは、
燃料噴射時間と走行距離を車体コンピューターから読み取って計算し
リアルタイムで平均燃費を表示するというデータ機器だ。
車両それぞれの係数を最初に入力すれば、装着直後から使うことも不可能じゃないが、
公式サイトで公開されている係数はあくまで標準的な数値なので
それぞれの車体の正確なデータを表示させるには
満タン法によって実質数値を計測し、
それを入力して補正をかけなきゃいけない。
つまり、装着後にまず満タン&リセット、
次回の満タンでオドメータとガソリン量の実数値を入力
して
やっと正しく使えるようになる。

今回およそ500kmほど走って得られた係数は距離1000、燃料4154
(NCロードスター17年式、5MT・16インチ幌車、総走行距離2.5万km)。
夏場なのでほぼ全域エアコン稼動しているし、
高速道路の比率が多いのでなんとも言えないけれど、ひとつの目安にはなるだろう。
次回以降もしばらく満タン法と併用してデータの精度を上げてみるつもりだ。

ガソリンを減らさないように走る楽しさ?については
初期型プリウスのマルチモニターで経験したことがあるものの、
今度のはさらに小数点以下二ケタの数値でそれを確認できるので
ついついアクセル操作がソフトになる。
・・・いやむしろ、数字に脅されるような緊迫感といったほうがいいかも(笑)。
例えば、いきつけのGSが峠のてっぺんにある私の場合だと・・・

  1. 満タン後、GSを出てふもとまでしばらく惰性走行  平均25kmなどと表示
  2. 信号待ちにつかまる  およそ1秒間隔で平均数値が刻々と減っていく
  3. 再び走り出す  瞬間燃費が走行状況によって5km台から99.9kmの間で変化
  4. 家に着く  とりあえず平均16km台をキープできた模様
  5. 後日またドライブに行く  前回の積算データを引き継いで再スタート
  6. 信号待ちにつかまる  平均がごりごり下がっていく・・・・・・
  7. 高速道路に入る  じわじわと平均が上がってくる!
  8. 再び止まる  また平均が下がって(ry

そのとき使っているギアポジションによる差や、エンジンブレーキ中の燃料カットなど
瞬間燃費のデータを見ているといろいろ気付く部分も多く、
それらを楽しみながら省燃費運転のコツというものを会得できそうなかんじ。
これは、おもしろいかもしれない。。。

|

« USBオーディオを装着してみた3 | トップページ | 純正ビルシュタインを装着してみた1 »

燃費」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NCロードスター燃費データ10:

« USBオーディオを装着してみた3 | トップページ | 純正ビルシュタインを装着してみた1 »